めだか通販【めだか本家】 めだかの敵 ヤゴ

めだかの天敵には、驚くほどたくさんの敵がいます。ヤゴたちの生態やどうやって対処したらよいかをわかりやすく記載しています。

   
めだかの育て方
めだか本家facebook
めだか本家twitter
QRコード
ホームめだかの敵 ヤゴ



めだかの敵 ヤゴ



 めだかを飼育する上で、注意しなければいけないことは・・・、

 その中のひとつに、【トンボの幼虫ヤゴ】がいます。
糸トンボ


 トンボの幼虫は【ヤゴ】と呼ばれ、水中で魚の子供やボウフラなどを食べて成長します。

 トンボは、春から秋にかけて、姿を見せます。

 かわいい昆虫ですが、生き物を食べて生活し、幼虫も同じく生き物も食べ、自分の体より大きいのでも食べようとします。

 

▼ こちらがヤゴです。
ヤゴの成長


 水槽に浮かんだ水草や、水面に、直接卵を産み付け、水槽の中で孵化し、成長します。

 トンボの種類により、ヤゴの大きさもおおきいのから小さいのまでいます。

 めだかの稚魚ばかりでなく、大きいめだかも、食べてしまうことがあります。


大きなヤゴ


 水槽にトンボが産卵しないように、水槽に網や、とんぼよけになるものを工夫し、ヤゴが出来ないようにするのが大事です。

 ヤゴに気づいたときには、すでにたくさん食べられているのではと思います。

 極端に稚魚が少なくなったり、いなくなった場合は、水槽を掃除してみますと、底にヤゴがたくさんいます。

▼ 脱皮したヤゴの抜け殻です。
ヤゴの脱皮後


 トンボの幼虫(ヤゴ)の期間は、1ケ月位足らずのものもいれば、オニヤンマなど年を越すものもいます。





【関連記事はこちらから】