めだか通販【めだか本家】 めだかの育て方

めだかを育てるには、もちろん餌を与えなくてはいけません。餌の与え方にはコツがあり、与えすぎはトラブルになります。

   
めだかの育て方
めだか本家facebook
めだか本家twitter
QRコード
ホームめだかの育て方



めだかの育て方



餌の与え方


 めだかとのスキンシップ。

めだか飼育の水量は?


 ガラス容器の中でも、人の動きに合わせて、めだかも動き始めます。

 よってくるかわいいめだかたちは、何とも言えません。

 かわいいめだかたちに、一番大事なことは、餌の与え方です。

 

 餌は、市販のホームセンターなどで売っている、手ごろな値段のものでよいと思います。

 餌を与えすぎますと、残りの餌が腐敗し、水質がすぐに悪くなり、酸欠状態になり、めだかの動きが鈍くなります。

 そんな時は、大変危険な状態で、水の全替えをしたがよいと思います。

 容器の中の、めだかの尾数に合わせ、餌の量も調節しなければなりません。

 5~10分位の間に、食べきれる量が良いのではないでしょうか。

 

 屋外飼育等の場合は、広いところに尾数が少なければ、自然のボウフラとか、いろんな幼虫・プランクトンなどを食べ、餌をやらなくても、丸々と肥えています。

 ミジンコなどは、生き物の餌としては、大変よいのですが、なかなか、自然には生まれず、親のミジンコを入れないと、繁殖してくれません。

ミジンコたち




【関連記事はこちらから】