めだか専門の通販サイト【めだか本家】 めだかとおたまじゃくし


めだかを屋外飼育していると、かわいいカエルがひょっこり姿をあらわすことがあります。めだかとオタマジャクシの上手な付き合い方を記載しています。


   
めだかの育て方
めだか本家facebook
めだか本家twitter
QRコード
ホームめだかとおたまじゃくし

めだかと他の生き物たち

 2月に入り、カエルが卵をめだかの水槽に生み始めました。

 カエルの産卵は、種類によって時期が違うと聞いています。  

 都会では、カエルを見る機会も少ないと聞いていますので、大変貴重だ と思います。

 貴重ではありますが、めだかの水槽の中に、おたまじゃくしが産まれますととても大変です。

かえるの産卵

 小さな黒い点がすべてオタマジャクシになるわけですから、数も数えきれません。

 おたまじゃくしの泳ぐ姿は、大変愛らしいものですが、めだかとオタマジャクシの選別となりますと、とても時間がかかり大変な労力です。

おたまじゃくしとめだかの上手な付き合い方は?

 

 赤蛙の卵は、何百もの卵がゼリー状のひとつの塊の中に、産み付けられています。

  したがって、画像のように、手で何百もの卵を一度にすくうことが出来ます。

 一番の対策方法は、カエルの卵のうちに、すくって別の容器に移しておくことが一番の得策だと思います。

 カエルを捕まえて、よそに移すことが出来ても、また、すぐにどこからか集まってきます。

 冬場のめだかは、餌を与えなくてもよいのですが、寒い季節でも、めだかの観察は怠りなくがんばってまいりましょう。


【めだかの飼育のテクニック 関連記事はこちらにもあります】